疲れた時に

目の疲れ

続けてゲームやパソコンに熱中したり、細かな作業に取り組んでいると、目が疲れを覚えるようになりますよね。
一日の終わりには、目に出る疲れをとる方法を実践するといいでしょう。
目の疲れをとる場合は、代表的には二つの種類が知られています。
具体的にいうと、温めるものと冷やすというものです。

目を開けにくくなったり、かすみがあるときには、温めるのが適しています。
濡らしたタオルを絞って、それを電子レンジに10秒ほどかけましょう。
レンジをかけすぎてしまうとタオルで火傷してしまうのでくれぐれも気を付けましょう。

触って熱すぎないことを確認したうえで目に乗せる形になります。
目の周辺の血液循環を良好にするためのものなので、まぶたの上だけでなく、おでこや鼻のあたりまで温めるようにすると目の疲れをとる効果が大きくなります。
冷やす方法については、目元に熱い感覚がある場合に効き目があります。
鏡を使って目を見たときに、充血した状態になっていたら冷やすようにしましょう。

氷をその状態で肌に付けると肌への負担が大きくなってしまうので、氷水によって冷やしたタオルで冷やしていきます。
それから、ドライアイの症状がある人は通常の場合に比べて目が疲れてしまいがちです。
そのため、ドライアイ用にできた目薬などもさすのを疎かにしないようにしましょう。
テレビやパソコンなど、プライベートでもかなりの時間目を使っているなら、それらの時間を減らすことも検討しなければいけないでしょう。
なお、画面に近づきすぎると、それだけ余計に目を働かせてしまうので、適当な距離をとるようにするといいですね。
同じ距離で何かを見続けるというのではなく、たまに窓の外をはじめ、遠くのほうに視線を移すのも目へのケアとして有効です。

疲れからくる肌荒れに気を付けていますか?肌荒れが進行するとニキビもできやすくなります。吹き出物のケアクリームをランキングで紹介]しているこのサイトがおすすめです。